いちばんやさしいエフェクターDIY|初心者向け講座

初心者でもエフェクターが自作できるようになる基本から解説するサイト

実際に作ってみる

パッシブA/B BOXの自作

2016/08/29

【はじめに】
当ブログの内容における未検証項目につきまして、誤りがある点をいくつかご指摘頂いています。
誠に申し訳ないのですが、しばらく内容修正に取り掛かれないうえ、ブログを閉鎖することも今のところは考えていないので、内容に関しては「間違っている箇所もある」と思って頂けると幸いです。

----ここから本文----

abbox

スイッチ一つで2系統の出力を切り替えられるのが「A/B BOX」です。

インプットが1つに対して、アウトプットを2種類選べるので、
例えばギターから入力した信号を1つはアンプに、1つはチューナーに流すようにセッティングすることで、シールドの差し替えをせずにチューニングが出来るなど便利な使い方が出来るSTOMPです。

abbox_example

また、アウトプット側から差し込めば、1系統の後段回路に対して2種類のギターをスイッチひとつで切り替える、なんて使い方もできます。

スポンサーリンク

必要な電子部品(パーツ)

  • ケース
  • フォンジャック×3
  • DPDTフットスイッチ
  • 線材

ケース

今回のレイアウトなら、アルミダイキャストがオススメです。
もしプラスチックなどの導電しないケースを選んだ場合はGNDの取り回し方を少し考える必要があります。

フォンジャック

モノラル・スイッチ無しのジャックが3つあればOKです。
ケース同様に、ネジ部分が金属のものでなければGNDが面倒です。

DPDTフットスイッチ

フットスイッチは2系統切り替えのDPDTでOKです。

あまりに安価なフットスイッチだと切り替え時に「ボツッ」というポップノイズが入ってしまう事があるので、ある程度のものを選ぶ方がいいかもしれません。

線材

単線・撚り線どちらでも問題ありません。

回路図

passive_abbox_schematics

1つのINからスイッチを経由して、A OUT、B OUTのいずれかに到達するような回路です。

簡易的な回路になってしまったので省略してしまっていますが、
本来は使っていない方の出力の入口をGNDに接続してやるようなレイアウトで作ります。

DPDTスイッチの挙動がわかれば簡単です。

レイアウト

passive_abbox_layout

赤いラインがギターからのINPUTのHOTラインと考えてください。

まず、A OUTに出力の時は、DPDTスイッチの真ん中と左がショートします。
赤いラインと黄色のラインを通って音が出力されます。
※スイッチの挙動についてはこちらを参考にしてください。
【参考】スイッチについて

この時、B OUTの入力(青)はDPDTスイッチの左下と下段真ん中のショートにより、GNDに落ちています。

B OUTに出力する時はまさにその逆ですね。
真ん中と右がショートすることで、A OUTの時と全く逆の挙動が見られます。

それぞれのジャックがケースを通じて接地しているので、GNDも取れています。(いるはずですw)
※もし絶縁型ジャックおよび絶縁型のケースを準備した場合には、A/Bそれぞれのジャックの残った1端子をGNDラインに接続してあげる必要があります。

カスタマイズ

INのフォンジャックのGND側端子(スリーブ)とDPDTスイッチを繋ぐラインを51Ωの抵抗に変更すれば、まんまDODの270という有名なA/B BOXに早変わりです。

おわりに

ON/OFFスイッチを踏むたびにAとBに出力が切り替われば成功です。
LEDがついていないので、どちらに切り替わっているのかがわかりにくいのが難点ですが、
チューナーアウトとアンプ側との2系統で使うと考えたらそんなに不便ではないです。

また、この応用で3系統以上のスイッチングシステムやループボックスを作れるようになるはずです。

ただし、このままだとスイッチのクオリティ次第で、切り替え時のクリックノイズがやばそうな気もします。
※実際に僕が作ったヤツは「ボッ!!」って音がします。

クリックノイズは回路が突然切り替わるから発生するので、
機械式スイッチから電子スイッチに変更するなどでの軽減が可能。
また、前述のとおり機械式スイッチでもある程度のクオリティの物だとあまり気にならなかった経験があります。

慣れないうちはDPDT上の配線が難しいかもしれませんね。
スイッチング配線はこれ以降も自作エフェクターを作っていく以上は必要になってくる部分なので、スイッチの挙動と、上手な配線の仕方をマスターしておくと便利です。

※最近は3PDTに取り付けるプリント基板も売られていて、便利に配線が行えたりするので、そういうのを利用するのも手です。

-実際に作ってみる