いちばんやさしいエフェクターDIY|初心者向け講座

初心者でもエフェクターが自作できるようになる基本から解説するサイト

オススメ書籍

僕が参考にしている書籍です。

初心者は特に、ほとんどこの2冊で十分です。

きっと今の日本の有名なエフェクタービルダーさんもこの本を読んで勉強したんじゃないかなーと思うと感慨深いものがあります。

この一冊があれば十分。とまでは言わないが、まず最初に読んでおきたい基本の本。

基本の一冊

抵抗やキャパシター(コンデンサー)などの電子部品の説明から、電子回路の基本、あとはオペアンプを使った増幅回路のあれこれなどが学べます。

ちょっとしたエフェクターマイスターになれる

しかも「サウンド・クリエイターのための」と謳っている通り、エフェクターを製作するのにもちょうどいい音響機器用の電気・電子回路の参考書なので、全くわからない人から少しかじったぐらいの人までこれ一冊でそこそこ勉強になります。

ちょっと物足りない点

個人的にはトランジスタの説明と、トランジスタを使った回路の説明がもっと欲しかった点と、ダイオードの項目が皆無だった点が物足りなく感じましたが、その辺りが気になれば他の参考書で補えば十分だと思います。

部品や回路以外の部分も充実

何より「音とは何か」とか「インピーダンス」とかについても、だいぶわかりやすく説明してくれているので何度読み直しても勉強になりますし、困った時の逆引き辞典的にも使わせて頂いてます。

追伸

一時期なかなか入手できなかったんですが、今はちゃんとアマゾンで売ってるみたいですね。

若干プレミア価格になってますが・・・。

レビューでも

電圧のコトや、コンデンサの仕組みなど、高校物理ではちゃんと教えてくれない(しかし必要な)本質的な部分から
とても丁寧にジョークを交えながら解説してくれる。

とあるように、ジョークを交えながら・・・いやジョークの割合が多めながらも、本質部分を丁寧に解説してくれています。

また、

あくまでも基本概念を教えることに重点が置かれた、入門書です。

とあるように、基本概念に重点が置かれている点は間違いありません。

ただし、本当にサウンドクリエーター向け。特にこれからエフェクターを製作していこうという人向けなので、電気の全てがわかるような万能書ではないです。

実際の製作のヒントになる、パーツの基本からツールの使い方、回路図やレイアウト図とその説明が載っている本

より、エフェクター製作の参考書

上記の電気実用講座と同じ著者による、もっとエフェクター製作に寄った参考書です。

これ一冊で本当にエフェクターが作れるようになる

電気実用講座では書かれなかった「正しいはんだの付け方」だったり、ダイオードやフォンジャック、スイッチなどの説明(ミレニアムバイパスなど)、エフェクターの自作用ケースの穴あけなどなどから、60年代系ファズやパワーサプライなどの回路図、レイアウト図、回路の説明までが載っています。

相変わらず丁寧

今でこそヴィンテージなエフェクターの回路図はネット上で(その真偽は別として)入手する事が可能ですが、その回路のどこがどうなって、どんな原理でどんな作用を起こしているのかまではわかりませんよね。

そういう基本を学ぶという意味ではなかなか重宝する一冊です。

また、部品の項もこれまた逆引き辞典のように使わせてもらっています。

ただし、ちょっと古いかも

この本で作れるエフェクターは、あまり「今向き」という感じではないかもしれません。

そもそもが20年以上前のものが最近書籍として復刻したからかもしれませんが。

なので、おしゃれなブティックエフェクターが作れると期待するとガッカリしちゃうかもしれないです。

ただ、いずれにしろ基本は同じですから、ここから何を学ぶか次第だと思います。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です