いちばんやさしいエフェクターDIY|初心者向け講座

初心者でもエフェクターが自作できるようになる基本から解説するサイト

実際に作ってみる

3PDTスイッチでトゥルーバイパス+LED点灯を叶える回路

2016/08/29

【はじめに】
当ブログの内容における未検証項目につきまして、誤りがある点をいくつかご指摘頂いています。
誠に申し訳ないのですが、しばらく内容修正に取り掛かれないうえ、ブログを閉鎖することも今のところは考えていないので、内容に関しては「間違っている箇所もある」と思って頂けると幸いです。

----ここから本文----

rubystone1

エフェクトのON/OFFを知る為に、エフェクターにはエフェクトON時にLEDが点灯する機能がついています。

もしエフェクトON時にLEDが点く必要がなければ、スイッチにはDPDTを使えば十分。
LEDの点灯にトゥルーバイパス(OFF時に原音をそのままバイパスさせる)が必要であれば、3PDTスイッチを使ってトゥルーバイパス+LEDにするのが普通です。

スポンサーリンク

必要な電子部品(パーツ)

  • LEDのないエフェクター
  • 電池スナップ
  • LED
  • 抵抗
  • 3PDTスイッチ

LEDのないエフェクター

前提として、LED点灯ギミックのない(DPDT)エフェクターがあることとします。
これのスイッチ回路を3PDTを使ってLED点灯を実装するイメージです。

電池スナップ

電源+電池スナップが定番ですが、
ここでは簡単に電池駆動オンリーのものにします。

もともとがアクティブ回路(電源を必要とする回路)で電池駆動している場合は新たに用意する必要はありません。

LED

どんなものでもOK。
ただしLEDに流れる電流を制御する抵抗値に注意。
※以下「抵抗」を参照

抵抗

LEDの順方向電圧をクリアできるものかつ、LEDを燃焼させない程度の大きさのものが必要。

赤色LEDの場合、だいたい2KΩ~4KΩ程度のものなら大丈夫。

3PDTスイッチ

トゥルーバイパス回路にLEDの点灯を実現するのに3PDTスイッチが必要。
※あくまでこのページの回路では必要ということ。

 

回路図

truebypass_led

ちょっと雑ですが、回路はこんなイメージです。

INから入った信号と、OUTに出ていく信号、それとLEDの点灯を同時に切り替えられるスイッチが必要です。(図の赤点線枠内のスイッチが連動する必要がある)

電気信号はINから回路に入り、エフェクトON時にはFX(エフェクターの意味)に入ります。
エフェクター回路から出力された信号がOUTに出力されます。

ちなみにエフェクター側の入力部分をSEND(またはFX-IN)、出力部分をRETURN(またはFX-OUT)と呼びます。

エフェクトOFF時にはFXのSENDもRETURNも入出力回路からは絶縁され、
INから入った信号は、そのままOUTに出力されることになります。
これがトゥルーバイパスです。

このエフェクトON/OFFの切り替えと連動して、別回路ではLEDに流れる電流をON/OFFしています。
※ONの時にはLEDのカソード(短い方)がGNDに落ちて電流が回路を流れるが、OFF時にはスイッチ部分で絶縁されるので電流は回路を流れない

レイアウト

truebypass_led_layout

思った以上にゴチャつきました・・。
実際の配線レイアウトはこんな感じです。

スイッチの9つの端子のうち、下2段にある6つがDPDTでのトゥルーバイパス回路のスイッチングになり、上の1段がLEDのON/OFFをコントロールしています。

信号の流れ

この図では、エフェクトON時にはスイッチの中央3つと右3つの端子がショートします。

上から順に見ると、1段目はGNDとLED回路がショート。
2段目はIN(インプットジャック)とエフェクターのSEND(FX-IN)がショート。
3段目はOUT(アウトプットジャック)とエフェクターのRETURN(FX-OUT)がショートしています。

つまり、INから流れてきた信号がスイッチを介してエフェクターの回路に入り、OUTに出力されていくものと、LEDの点灯が同時に実装されているということ。

逆にエフェクトOFF時にはスイッチの中央3つと左3つの端子がショート。

上から見ると、1段目は何にも接続されていない左上の端子がGNDとショート。
2段目はエフェクターのSENDがGNDとショート。
3段目はINがそのままOUTとショートしています。

結果的にLED回路とエフェクターの回路はIN-OUTのラインから絶縁された状態になっているわけです。

LEDの点灯の仕組み

LED点灯時はLEDのカソード(短い方)がスイッチを介して電池のマイナス極(GND)とショートしています。
これによりLEDを含む”回路”が完成するのでLEDは点灯します。
※回路は電気が一周することが出来て初めて電流が流れます。どこかが途切れていたらNG。

エフェクトOFF時にはLEDが宙に浮いてしまう形(どの回路とも絶縁状態)になるので、当然点灯しません。

【参考】LED(発光ダイオード)の光らせ方。配線方法と注意事項。

おわりに

これがLED+トゥルーバイパスのエフェクターを組む際の基本の形となります。

もしパッシブ(電源不要)なエフェクターの場合は、エフェクト回路上の9VやGNDをすっ飛ばせばOKです。
※電池スナップから直接スイッチとLEDにショートさせる感じ。

2016.5.20追記

ちょっとややこしい書き方をしてしまったので補足。

回路がパッシブだったとしてもLEDの点灯には9V、GNDは必要です。
ただし回路上には9V、GNDというラインが確保されていないはずなので、LEDに抵抗をかませて直接電池スナップまたはDCジャックに接続し、スイッチを介してGNDに電流を落としてやる、ということです。

-実際に作ってみる
-, ,