いちばんやさしいエフェクターDIY|初心者向け講座

初心者でもエフェクターが自作できるようになる基本から解説するサイト

はじめに

当ブログのコンセプトは

初心者の初心者による初心者の為のエフェクターDIY

です。

なので、小難しい話は一旦抜きにして、楽しくエフェクターを作れるようになれたらいいなーぐらいの気持ちからスタートして欲しいと思って書いています。

どんな人が書いてるの?

face

はじめまして!
かつてエフェクターDIYが趣味だった「がべ」と申します。

2007年ごろ、スモーキーアンプという超簡単なミニミニアンプを作ったのをきっかけに、ギターと電子工作の世界にハマっていきました。
その後、有名エフェクターのコピー品をいくつか製作して、「よし、そろそろオリジナルエフェクターを作ってみよう!」と思ったところで身辺環境が変化し、2010年ぐらいを最後にはんだごてを握らなくなってしまったという経歴の人間です。

また最近自作エフェクター熱がふつふつと再燃してきたのですが、どうにも音と電子工作について説明するサイトは難しいものが多い!と感じまして、「だったら僕がいちばんわかりやすく説明してやろうじゃん!」と思ったのがブログ開設のキッカケです。

ただ、先にツッコミが入る前に書いておきますが・・・わかりやすく説明するのって難しいですねw

そもそも僕が素人に毛が生えてない状態(つまり素人)なので、余計にうまく説明できないです。
なので、わかりにくい部分があったらご指摘頂ければ、僕にわかる範囲で再度わかりやすく説明しようと思っています。

というわけで、まだまだ勉強中の素人である僕による、これからエフェクター製作の楽しさを知っていきたい素人であるあなたのためのエフェクターDIYマニュアルを目指していますので、よろしくお願い致します。

夢は70歳ぐらいまでには立派なエフェクターマイスターになっていることです。

どんなエフェクターも基本から

世の中に出回っているどんな複雑な回路のエフェクターでも、基本の回路を組み合わせたものがほとんどです。
逆に言えば、どんな天才マイスターでも基本はきちんと押さえているということ。

とても綺麗な音のコーラスだったり、ありえないくらいの変態系ファズだったり、魅力的なエフェクターはたくさんありますが、そういう物を作れるようになるにはかならず基礎段階があります。

とは言っても、いきなり理論から詰め込んでいっても面白くないし、無理がある。

なので、

とりあえず作ってみて、わからない部分を論理的に学ぶ

というスタイルを推奨しています。

あの有名なトーマス・エジソンの言葉を思い出してみてください。

私は失敗したことがない。 ただ、うまく行かない一万通りの方法を見つけただけだ。

というわけで、たくさん失敗していきましょうw
それは失敗ではないんですから。

いつかはスーパーマイスターになるために、
はじめの一歩を当サイトから学んで貰えたら幸いです。
一緒に学んでいきましょう♪

追記

まずは作ってみて、ってコンセプトだったんですが、やっぱりパーツの基本や音の基本がないと説明が難しいと思ったので、そちらから充実させていきたいと思いました。

あとかなりマイペースですので、そこんとこ宜しくです。

※もしこのブログに記事が少なさすぎてガッカリされた方はこちらの書籍がオススメです。
オススメ書籍

2016/08/29


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です